No Thinking No Human No History No Future

温故知新。歴史がわからなければ今がわからない。今がわからなければ未来がわからない

ノンバーバル

『日本人は声をナメてる』 声が自分自身と相手に与える影響力

投稿日:2018年3月8日 更新日:

ボイストレーニング教室に通いはじめた時、先生に言われました。

 

日本人は声をナメてる。

いかに声が重要な意味を持つかわかっていない。

 

声の破壊力

 

自分の声に自信があるか。

 

この質問に胸を張ってYESと答えられる方は少ないのではと思います。

 

多くの人は「通りが悪い」「鼻づまり声」「カン高い」「モゴモゴ」など、理由は違えど何らかのコンプレックスを抱いています。

 

コミュケーションにおける重要性は、非言語>言語と以前お話ししました。

 

関連記事:「太古の機能」ノンバーバルコミュニケーションに力を入れる

 

声も当然非言語コミュニケーションに含まれ、影響力は言語コミュニケーションのそれを上回る。

 

人は相手の外見がわからない状態で良い声を耳にすると、容姿も良いものだとイメージします。これは男であろうが女であろうがです。

 

何気なくラジオを聞いている時に、聞き慣れないDJの声に耳が止まる。話の内容は凡庸だがラジオDJの声は聞き心地が良く発音もとてもなめらか。

 

「もっとこの人の声を聞いていたい…」と思うほど。頭の中で想像がふくらむ。どんな人なんだろうか。顔が見たい。名前を検索…

 

といった経験は誰もがしているかと思います。

 

女性DJの声を聞いて「きっとカワイイんだろうな」と期待を胸にググるのは、男性がサラサラヘアーの後姿を見ると美人と思ってしまう・女性がイケメンを見ると腹筋が割れていると思ってしまうことと同じです。

 

ご存知の通りこれらは事実と異なる場合が多い。しかしわかっていても期待してしまう。それほどの効力が声にはあります。

 

人間は意識にあがってくる情報(言語情報)より、「なんとなく」の無意識=潜在意識を優先するためです。

 

関連記事:潜在意識と顕在意識 人間脳と動物脳

 

 

声とテストステロン

 

とくに女性にとって男性の声は、非常に重要なファクター。

 

男性は一般的に、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が多ければ多いほど低い声になるので、本能的に男に低い声を求める女性が多い。

 

さらに女性は男性に比べ、異性を評価するとき視覚に頼る傾向が小さい。

 

街を歩いていて美女と(見た目は)冴えない男のカップルは時折見ても、逆はほとんど目にしないのはそのためです。

 

出川哲朗と津田健次郎が同じトーンで「愛してる」とささやいた時の破壊力の違いを想像してください。

鍛え磨かれた声は文字通り武器になります。これは異性間に限ったことではありません。

 

 

日本人の自信のなさの原因のひとつ 声

 

海外で外国人と接していて感じるのが、彼らの声の大きさとそれにより際立つ日本人観光客の声の小ささです。

 

私個人の実感ですが、腹式呼吸でしっかり発声出来ている時と出来ていなかった時では

自信の大きさがまったく違います。

 

これまた個人的な話ですが、声が大きくて自信がない人には今のところお会いしたことがありません。

 

英語でもそれ以外の言語でも、聞いた印象では外国人は基本的に腹式呼吸の大きい声でやりとりする。

 

こちらもしっかり大きく通る声を出せるので、意見がぶつかった時や修羅場に突入した時も臆することなくはっきり主張出来る。

 

こういった場で自己主張が出来なければ、リスペクトされることはありません。

 

声がメンタリティにもたらす変化もあわせて考えると、海外で狙われやすい日本人は、声を鍛える必要性があると思います。

 

 

声で損をするのはもったいない

 

いくら胸に情熱を秘めていても、

 

声が小さい。滑舌悪い。音がこもっており不明瞭。

 

では思いはまったく伝わりません。声の印象に引きずられて内容そのものの評価にも悪影響を与えてしまいます。

 

パブリックスピーキング(人前で話すこと)は人生に不可欠なものと認識している米国では、小学校や就学前の段階から声の出し方含む”思いの伝え方”を教えています。

http://talkingtime.jp/news/1159

 

英語話者と日本語話者では呼吸法が違うので、それも発声の違いにつながっていますが、彼らは声の重要性をよくわかっています。

“良い声”とは聞きやすく心地よく、正しい呼吸法で正しい発声で明確に相手に届く声です。

 

↓こちらの記事でその呼吸についてお話しています。

 

関連記事:呼吸と発声の関係と、誰でも出来る腹式呼吸の体感法

 

今回の記事も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログの趣旨がよくわからないという方はこちら↓をお読みください。 

 コンセプト

 

Twitterもやってます↓ 

 やまてつ

今まで知らなかったことに興味を持って頂けたなら嬉しいです。 

 

それでは! 

検索

検索

-ノンバーバル
-, , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「太古の機能」ノンバーバルコミュニケーションに力を入れる

  コミュニケーションは、言語と非言語の要素に大別され、ノンバーバルとはバーバル(言語)に対する言葉で非言語を意味します。   この記事では、ノンバーバル(非言語情報)のもつ動物性 …

呼吸と発声の関係と、誰でも出来る腹式呼吸の体感法

腹から声を出す。   この”腹から出す”とはいわゆる腹式呼吸のこと。この腹式呼吸が「良い声」には絶対不可欠です。   ボイトレ教室も通いはじめの数回は呼吸し …

運営者

 

運営者:やまてつ

平成元年生まれ男。

4tトラックに左足を潰されしばらく体を動かせなくなる。

時間が余りまくったため、心理学・脳科学・世界史・日本史・宗教・神話・哲学・国際政治・地政学等を学ぶ。

2019年5月から8月にかけて中華人民共和国→モンゴル→ロシア→ポーランド→チェコ→スロバキア→ハンガリー→オーストリア→イタリア→ギリシャ→トルコをおもに陸づたいで放浪。

旅日記↓

https://note.mu/tyamadasan

現在は名古屋にいます。

連絡先:tyamadasan410@gmail.com