No Thinking No Human No Action No Life

歴史がわからなければ今がわからない。今がわからなければ未来がわからない

メンタル・脳

あなたがもつ主人公感(エフィカシー)と周りの人

投稿日:2018年1月27日 更新日:

コーチング用語でエフィカシーという言葉があります。

 

これは自分の能力に対する自己評価のことで、エフィカシーが高い人 エフィカシーが低い人と言ったりします。

 

この記事では、エフィカシーと自分が属する集団の関係について書いていきます。

 

行動の質に関わるふたつの要素

 

抽象度とエフィカシーの高さによって重要な選択は決まります。

 

なぜ抽象度が重要かについてはこちら↓

 

関連記事:

抽象度を上げる前に抽象度をつかむ

抽象度の高さとエネルギー

 

>好きな異性ができた時アプローチするのかしないのか

>喧嘩を売られた時に買うかどうか

>会社に居続けるか独立するか

 

などなど。

 

 

集団と構成員のエフィカシー

 

これは個人だけでなく集団になっても同じです。会社や国家をイメージしてみるとわかりやすいでしょう。

 

同じ業界でガンガンリスクをとって先行投資していく会社もあれば、そういった行動をとらない会社もある。

 

2050年までに自分が主権を主張する領土を「奪還」することを念頭に動いている国もあれば、

http://www.sankei.com/world/news/171118/wor1711180016-n1.html

 

最近になってようやく自分の身は自分で守るという意識が少しずつ芽生えてきた国もある。

 

集団のエフィカシーはワンマンや独裁であればトップのエフィカシーによって決まりますが、通常は構成員のそれが重要になってきます。

 

 

個人と集団の相互作用

 

逆にいうと属する集団(家族、学校、会社、国)のエフィカシーも自分に影響を及ぼします。

エフィカシーの高い親に育てられた子どもは高くなりやすい

 

進学校に通っていれば(勉強に関する)エフィカシーは高くなりやすい

 

会社、国も同様です。

 

ちなみに少し前ですが日中韓米の高校生・計数千人を対象に「自分は価値がある人間か」とアンケートをとったところ

 

「まったくそうだ」と答えた生徒は、米国57.2% 中国42.2% 韓国20.2% 日本7.5%という結果になりました。

https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2404L_V20C11A2CR0000/

色々な要因があると思うのでここでは深堀りしません。

 

 

本田圭佑

 

具体的にエフィカシーが高い人を挙げるとたとえば

 

サッカーの本田圭佑選手

7:41

勝ちたいんだったら俺を出せ

が彼のエフィカシーを表しています。

ちなみにこのインタビューを見る限り本田選手は抽象度も高い。

 

もしエフィカシーが低かったら、ここまで来ることは出来なかったと思われます。そして彼の態度を見てもらえればわかる通り、心の底から本気で信じている。

 

 

変わろうと思っても変われない罠

 

人は心の中に基づいて物理的な行動を起こす(参考記事)ので、エフィカシーが低い人は実際の能力の高にかかわらず、自分や環境に不満もしくはあきらめの念を持って生きている。

 

エフィカシーを高めることをテーマにした本は書店にゴロゴロしていますが、変わろうと思って変われなかった経験はかなり共有度の高いものだと思います。

 

脳の基本的なメカニズムをわかっていないとその手の本を何冊読んでもエフィカシーは高められません。

 

次の記事ではそのメカニズムについて、その次の記事では、エフィカシーと直接的な関わりをもつセルフイメージの高め方についてお話します。

 

今回の記事も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログの趣旨がよくわからないという方はこちら↓をお読みください。 

 コンセプト

 

今まで知らなかったことに興味を持って頂けたなら嬉しいです。 

 

それでは! 

検索

検索

-メンタル・脳
-, , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

意思決定の質≠結果の質

三寒四温、朝夕の温度変化も激しいなか着ていく服を「決める」のに苦労していますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。   この記事では、人間の有用だが困った性質と、意思決定と結果の評価について書 …

ググってもカスにならないために 情報社会における知識と知性

今更ですがあけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いします。   この記事では、ネットや書物で得られるもの=知識と、それを咀嚼するにあたって必要なもの=知性について書いています。 …

確率の父・マインドアスリート「ギャンブラー」

中学校の数学で習った確率。   その最初の授業でサイコロを例に説明していたことを覚えている人も多いと思います。   実際確率という分野は、サイコロ賭博の研究から始まったものでした。 …

文字通りケタ外れな潜在意識の情報処理能力

  潜在意識と聞いて何を思い浮かべますか? 自己啓発、脳科学、セルフイメージ、瞑想、スピリチュアル、胡散臭い…   この記事では、カルトでも何でもなく最新の科学でわかっていることを …

部屋片付けがなかなかできない脳科学的理由と対策

部屋の掃除や片付けを、毎日少しずつやる人と時々大掃除する人がいます。   忙しくなってくると毎日の掃除は難しい…   しかし結論からいうと、片付けに関しては毎日(でなくとも短いスパ …

運営者

 

運営者:YT
平成元年生まれ男。

4tトラックに左足を潰されしばらく体を動かせなくなる。

時間が余りまくったため、心理学・脳科学・世界史・日本史・宗教・神話・哲学・国際政治・地政学等を学ぶ。

2019年5月から8月にかけて中華人民共和国→モンゴル→ロシア→ポーランド→チェコ→スロバキア→ハンガリー→オーストリア→イタリア→ギリシャ→トルコをおもに陸づたいで放浪。

旅日記↓

https://note.mu/tyamadasan

現在は名古屋にいます。

連絡先:tyamadasan410@gmail.com