No Thinking No Human No History No Future

温故知新。歴史がわからなければ今がわからない。今がわからなければ未来がわからない

生物

ヒト←類人猿←サル←??? 4億年前の祖先の姿

投稿日:2019年11月18日 更新日:

生物学的な自分のルーツを考える時。

 

まず両親の顔を思い浮かべる。次に祖父母の顔を思い浮かべる。人によってはさらに曾祖父母の顔を思い浮かべる。

 

現実に記憶や写真として残っている範疇ではこのあたりが限界ですが、この記事では想像力を膨らまし遥かなる過去を旅します。

 

4億年前の祖先の顔

 

4億年前の祖先の顔。どんなに生物に興味のない人でもヒトの形をしていないことはわかります。

 

どんなものかちょっと想像してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えはこちら。

 

 

この方(?)が4億年後にあなたになる。

 

ピンと来ないかも知れませんので時間を1000年前まで近付けます。

 

 

「ヒト」のゆるやかな変化

 

1000年前の祖先に会ったとしたら、服装や髪型こそ違うでしょうが顔の造形は現代人とそれほど変わらない。

 

1万年前でもそう。タイムマシンで現代に連れて来て、スーツを着せ地下鉄に乗ってもらっても誰も違和感を抱かない。

 

10万年前まで遡ると。

 

 

少し違いがわかる。

参考記事:
Scientists reconstruct face of ancient human ancestors which lived 100,000 years ago

 

100万年前。

 

明らかに違う。こちらはホモ・エレクトスといって現生種の我々ホモ・サピエンスとは別の種になる。(心なしかテラフォーマーズのゴキちゃんに似てる)

 

 

種が違うということは、雌雄が交わることが出来ないもしくは出来たとしてもその子どもには生殖力がない(馬とロバの子ラバのように)。

 

もちろんどこかのタイミングで突然ホモ・エレクトスがホモ・サピエンスを産んだわけではない。

 

これは単なる語義の問題。ヒトか類人猿かという分類もそう。

すべての変化はゆるやかに起きる。人がかつて赤ん坊であり、やがては老人になっていくように

 

 

チンパンジーとの共通の祖先

 

600万年前。

 

もし現実世界で彼と出くわしたら、生物学に明るい人以外は確実に「猿」と分類する。

 

正確には彼は類人猿で、チンパンジーと我々共通の祖先。我々とはもちろん、チンパンジーとも種として離れているので子作りは出来ない。

 

しかし599万年前の祖先とであれば子作り出来るでしょう。

 

ちなみに脳はチンパンジーより小さい。

 

3000万年前。

 

尻尾があるので類人猿ではなくサルとされるが、彼↑と現代のサルとの近縁関係は、彼と我々との近縁関係と同程度なので子作りは出来ない。

 

しかし2999万年前の祖先とは交われる。

 

 

サルになる前

 

6500万年前。恐竜が大量絶滅した焦土を生き残った、全哺乳類の祖先。

参考記事:Rat-Size Ancestor Said to Link Man and Beast

 

祖先崇拝という考え方においてこれ以上ない英雄(達)です。

 

3億1000万年前。

 

トカゲ?似てるけど違います。

実際彼(?)はトカゲを含むあらゆる爬虫類、哺乳類、恐竜の祖先。

 

4億年前。

海中から陸上に上がる上がらないの段階のWalking Dead…じゃなくてFishだった祖先の姿が、これ。

 

 

参考記事:
‘Walking’ fish help scientists to understand how we left the ocean

 

変化はゆるやかに起こる。かつては同じ姿をしていた生物も、長い時間が経てばまったく違う生物になる。

 

 

同窓会で思うこと。思うようになるであろうこと

 

私は今30歳なのですが、小学校の同級生と年に一度は集まって飲んでいます。

 

地元は田舎で皆素朴な少年でした。

ほとんどが同じ中学に通い、高校からはそれぞれの道を歩んでいった。

 

久しぶりに会うと、子どもがいるやつ、海外に移住したやつ、結婚して離婚したやつ、人としてまったく成長してないやつ、太ったやつ、イケメンになったやつ、金持ちになったやつ…色んなやつがいます。

 

縁起でもないですが、30年後となるともう参加出来ないやつがいてもおかしくない。

飛躍したことを言えば、逆にシンギュラリティで不老不死になってるやつもいるかも。

 

カーツワイルの「GNR」に「I」(情報科学・情報工学)が含まれていない理由を考える(1)

 

違う環境にいて時間が経てば離れていくのは自然なこと。自分も含め皆がどういう変化を遂げるのかが楽しみです。

 

今回の記事も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログの趣旨がよくわからないという方はこちら↓をお読みください。 

 コンセプト

 

Twitterもやってます↓ 

 やまてつ

今まで知らなかったことに興味を持って頂けたなら嬉しいです。 

 

それでは! 

検索

検索

-生物
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

運営者

 

運営者:やまてつ

平成元年生まれ男。

4tトラックに左足を潰されしばらく体を動かせなくなる。

時間が余りまくったため、心理学・脳科学・世界史・日本史・宗教・神話・哲学・国際政治・地政学等を学ぶ。

2019年5月から8月にかけて中華人民共和国→モンゴル→ロシア→ポーランド→チェコ→スロバキア→ハンガリー→オーストリア→イタリア→ギリシャ→トルコをおもに陸づたいで放浪。

旅日記↓

https://note.mu/tyamadasan

現在は名古屋にいます。

連絡先:tyamadasan410@gmail.com