感性と知性で主観のアップデート

感性=縦軸(生物としての特性、歴史、遺伝、経験)×横軸(時代、文化、社会)。感性を大切にしつつそれだけに身をゆだねない。智仁勇(便宜上こう表現)そろえにいく

未分類

このブログで伝えたいこと

投稿日:2018年1月15日 更新日:

 

はじめまして、YTといいます。

本名は山田哲人と一字違いです。

 

この記事では、『これは一体何のブログだ?』とお思いの方にニュアンスが伝わるよう努めていく所存であります。

 

感性とは何ぞや

 

感性という言葉ひとつとっても様々な定義がありますが、ここではざっくりいうと「感じ方」「思考回路」といった意味で使っています。

 

この「感性」には(おおむね)人類共通のものとそうでないものがあります。

 

たとえばどんな民族でも音楽(音を楽しむ)感性は持っている。

 

しかしその好みはカルチャーによって千差万別、また同じ民族でも年齢によって感じ方はまったく違います。

 

ボサノヴァ、ジャズ、ロック、ラップ、レゲエ、EDM、ポップ、雅楽、それぞれ好きな人を思い浮かべてみてください。

 

思考回路も一緒です。

 

たとえば一般的に日本人は不満があっても我慢することが多く、たまりにたまって「堪忍袋の緒が切れる」まで相手にぶつけようとしません。

 

他方欧米人はその場でそれを表明する傾向にあるとされています。

 

日本人としては和を乱さないために良かれと思ってやっていることですが

『微笑でごまかす嘘つき』と評する外国人もいます。

(↑僕が言われた訳ではありませんが直接耳にしました)

 

反対に、そんな彼らの振る舞いや意見を自己中と断ずる日本人もいるでしょう。

 

これは良い悪いではなく感性の違いです。

 

では感性は何によって育まれるのか。最も大きい影響力を持つ要素、歴史から説明します。

 

個人的なストーリーも含みますが、少しお付き合いください。

 

 

歴史は懐古趣味の暗記科目だと思っていませんか?

 

はい、私もそうでした。

歴史の教科書にずらーっと並ぶ名前と出来事の乾いた羅列。

 

こんなもん「覚えて」何になるんだ?

 

面白さ、必要性ともにまったく理解出来ず。

一夜漬けで試験に臨み、試験が終われば記憶から消す。

ワンナイトRAMです。

 

典型的な歴史嫌いのまま10代を過ごし。

 

21歳のある日4tトラックに左足を潰され、しばらく動けなくなりました。

 

当時はがっつりジム通いをし、こういう身体↓だったため

自信のより所を失った絶望とともにかつてない退屈が襲ってきました。

 

あまりにもやることがなく、どんどん筋肉がやせ細ることを歯噛みするなか

読書という習慣が生活の一部に。

 

はじめは心理学の本を中心に読んでいたのですが

色んな本を読む中でわかったのが、専門分野だけに精通するのではなく

あらゆる分野を網羅した生き字引のような人が少なからずいる。

 

どうやら彼らは例外なく歴史に詳しい。

学生時代苦手としていた科目ですが、古代世界史からしっかり取り組むことにしました。

 

世界史の流れをつかめるようになり、次は日本史。

もちろんこちらも神話含め古代から学びます。

 

それによりわかってきたこと。

 

意識しているかどうかに関わらず

どういった歴史を持った国・文化圏で生まれ育ったかはきわめて重要な要素で、大人も子どもも気付いていないだけで大きな影響を受け・与えています。

 

日本ダメ論で言われる

 

「どうして日本人ってこうなの?」

 

たとえば

 

  • 空気の存在(同調圧力)
  • 出る杭打たれる
  • リーダーシップの欠如、決断の遅さ

 

日本はもともと農村社会。

田植えは川から水を引いて行います。

川に近い田んぼから田植えを始めないと

川から遠い田んぼは田植えできません。

 

だから田植えの季節には村中のみんなが一緒になって、川に近い田んぼから作業をしました。

 

協調を美徳とする大もとはおそらくここで、仲間外れを恐れたり「国際的に孤立する」と

必要以上に騒ぐのもお国柄のようです。

 

良い面としては、民主主義的感覚は発達しやすく

古事記(712年編纂とされる)にある神話からして重要案件は話し合い。

 

聖徳太子の十七条憲法でも

「和を以て貴しとなす」

「それ事は独り断(さだ)むべからず。必ず衆とともによろしく論(あげつら)うべし」

 

幕府においても評定衆などの合議制機関が置かれましたし

明治天皇が示された五箇条の御誓文でも「万機公論に決すべし」としています。

 

反面強いリーダーは出にくい。

外国人が指摘する無駄な会議・稟議の多さも淵源は同じかもしれません。

 

またもし日本列島ではなく日本半島であったら

間違いなく今の日本人の国民性・文化はありません。

 

日中韓の国民性と歴史の違いは、それぞれの地理的特徴(島国・大陸・半島)と大きく関係しています。

 

歴史や文化は「終わったこと」や日常から離れたものではありません。

すべて現代の現実につながっています。

 

 

「日本文明」

 

“冷戦後の世界は文明間の衝突(イスラム文明 VS 西欧文明 など)が対立の主軸になる”

 

と予言した「文明の衝突」という本があります。(1996年著)

 

著者である国際政治学者サミュエル・ハンチントンは日本を、日本一国だけで成立する文明圏「日本文明」としています。

 

つまり良くも悪くも、日本はガラパゴスアイランド。

 

そこで育まれる感性は、強烈な付加価値(観光資源や技術力など)にも致命的な弱点(強すぎる現状維持バイアスなど)にもなり得ます。

 

 

生物的特性

 

私たちは文化的なバックグラウンドを持った知的(とされる)存在であると同時に、動物的性質も持っています。

 

昼になればお腹がすく

夜になれば眠くなる

性的対象を見ればムラムラする

 

祖先の哺乳類が群れという生存戦略を採用した結果、人間には程度の差こそあれ

周囲から逸脱しないようにしたり人からの承認を無意識に求める本能が備わっています。

 

進化が遺伝子同士の競争を経ている以上、他人と比較してしまうこともその種の衝動であるのは言うまでもありません。

(日本人は特にこの傾向が強いとされる)

 

これら生物的特性と両親からもらったもの=遺伝が

生まれた時に持っている「感性の種」です。

 

 

何を経験して何を経験していないのか

 

生まれてから色んなものを見たり聞いたり、喜んだり悲しんだりしながら親からもらった感性の種を育てていきます。

 

経験したこと、経験していないことの両方が感性(感じ方・思考回路)を作り上げる。

 

生まれ・育ち・外見的特徴など初期設定を全く同じとして、女性を知らない20歳と「やりたい放題」の20歳。

 

同じ感性など持ちようがありません。

 

また、生まれる・生きている時代の影響も大きい。

生まれた時からインターネットやYoutuberが存在していた世代とそうでない世代とでは、経験が違うので感性も異なって当然。

 

それに加えて、人は保護や教育を受けることで初めて生きうる存在です。

教育において習得する文化・慣習・考え方のほとんどは、自分が生まれる前に存在した人々が作り、伝達されてきたもの。

 

これらが無意識に入り込んだうえで、人生という経験が重ねられていきます。

 

この意味では人間の生は、本人が生まれる前からすでに始まっている。

 

そして影響力に個人差はあれど、自分が生きている間の経験が歴史・文化・慣習の一部となり、死んだあとは誰かがその続きを生きていく。

 

 

歴史や文化を学ぶことは、自分や時代を解釈し直すことにもつながります。

 

 

自分の感性(世界)と人の感性(世界)

 

「自分の」は、自分自身だけでなく自国・文化圏・属するコミュニティ・時代などすべて含みます。

「相手の」もしかり。

 

感性とは、頭の中の世界とも言い換えられます。

 

社会科学の専門用語に羅生門効果というものがあります。

 

1950年公開・黒澤明監督の映画『羅生門』に由来するこの言葉は

ひとつの出来事において、人々が異なる体験談や見解を主張する現象を意味します。

 

Twitterで意見の対立する者同士がお互いのことをどう言っているか見ればわかる通り

人は皆自分の(頭の中の)世界で生きています。

 

 

主観のアップデート

 

頭の中の世界=主観ですが、どんなに賢くても人間である以上100%客観的に世界を見ることは出来ません。

 

むしろ賢い人ほど、自分の主観を裏付けるストーリーを構築し、データを正当化して体系化するのが上手く、自分のバイアスに気付きにくいこともある(賢いの定義にもよるでしょうが)

 

主観の形成過程は、基本的に以下のプロセスをたどります。

 

  1. 何かを見聞きする
  2. それを真実だと信じる
  3. その後、時間があったり気が向いたりすればその内容を吟味し嘘かどうか判断する

 

3までいかずに2で止まる頻度のほうが高いので、パーソナライズレコメンド※が当たり前の今日では

主観・バイアスは放っておくと一方向に増幅する傾向があります。

 

※行動履歴をもとにおすすめ動画などのコンテンツを表示すること。Amazon、Google、Twitterをはじめ様々なところで見られる

 

時々、自分が普段あまり良く思っていない人たちの意見を

 

『具体的に何か賛同出来るところはないか?』

 

と意識して見たり、逆に自分の意見を

 

『どこをどういう感性に反対されるだろうか?』

 

と顧みることによって、主観をアップデート・洗練させることが出来ます。

 

もちろん私達には感情があるので、上で書いたように何もかもフラットな目で見ることは不可能ですし

すべてを受け容れる聖人君子を目指している訳でもありません。

 

実際ストレスのかかる作業ではあります(だから多くの人はやらない)。

 

それでも関わり合いを避けられない相手(世界)のことは、わかり合う必要はなくともわかっておく必要はあるかと思います。

 

 

ちゃんと考える

 

日本の学校教育により、予め決まった答えにたどりつくプロセス=考えること

という刷り込みが私達にはガッツリ入っています。

 

センター試験なんかを見ても基本的に

Do you remember?な問題ばかりで、「考える」ことはほとんどありません。

 

「考える」という行為は、

 

頭の中で自分なりの答え(後述するが、厳密には仮説)を練り上げていくこと。

 

そしてその過程で必要となる質問を自分自身にぶつけることです。

 

フランスのバカロレア(大学入試統一試験)にて、2015年に出題された哲学の問題を一部紹介します。

 

  1. あらゆる生命を尊重することは倫理的な義務か。
  2. 人は自らの過去が形作るものか。
  3. 個人の意識はその属する社会の反映でしかないのか。
  4. 芸術作品は常に意味をもつのか。

 

この中のひとつを選び、4時間かけて論述します。

いずれも決まった答えはありません。

 

ちょっとタフな例になりましたが、これが考えるということです。

 

そして練り上げるという言い方をしたのは

答えといえども固定的なものではなく、変化するため。

 

だから答えでなく厳密には仮説。

 

同じ人間でも20歳・40歳・還暦を迎えた時・死ぬ間際の答えが同じな訳はありません。

 

「答えがどこかにあるんじゃないか」マインドで本を何冊読んでも、「考える」を経ていないと自分の血肉に出来ない。

 

論語でいうところの『学びて思わざればすなわちくらし』

(知識を入れるだけで自分で考えないでは、活きた知恵にならない)です。

 

人間関係・ビジネス・政治・人生etc

試験のように決まった答えが無いことのほうが多い。

 

「ちゃんと考える」から、最初は影すらなかったものが少しずつ形になってくる。

 

ただここで重要なのは、思考のために思考するわけではないということ。

 

 

思考のための思考は、異常であって無益

 

 

これは国際政治学者E・H・カーの言葉で、いわく思考のための思考は、守銭奴が蓄財のために蓄財するようなもの。

 

彼は「願望は思考の父」という言葉を繰り返します。

 

『未成年の思考は、どうしても目的(願望)にむかって走りがちとなり、いきおい際だってユートピア的となる。

とはいえ、目的をまったく退ける思考は、老人の思考である。

成年の思考は、目的を観察および分析と化合させる。

 

理性は情念の奴隷であって逆ではありません。

 

18世紀の哲学者デイヴィッド・ヒュームの言明ですが、脳科学的にもこれが真であることはわかっています。

 

参考記事:潜在意識と顕在意識 人間脳と動物脳

 

人間脳→理性

動物脳→情念

 

と変換して読めばその意味が通じます。

 

理性(人間脳)は情念(動物脳)が拒否することに対しては、クリエイティブに体裁の良い言い訳を探し始めます。

 

たとえば若い独身男性が、たまたま乗った電車の同じ車両で絶世の美女を見かけたとする。

声をかけたい。

でも普段そういうことをしていないし、冷たくされるのは怖い。

 

恐怖が願望を上回っている場合、声をかけない言い訳をこれでもかと自分に言い聞かせます。

 

  • 今日はおしゃれ出来てない
  • 電車の中で声をかけたら周りの迷惑になる
  • あんな美女に恋人がいないわけないだろう
  • いや、美女だと思ったけどあのパーツとあのパーツはそんなに整ってないぞ

 

など

 

実際はただビビってるだけ。

 

やりたいことがあって会社を辞める。

などの大きい決断だと、理性はさらにクリエイティブに言い訳を探します。

 

逆に願望が恐怖を上回っていれば、葛藤しながらも決行する理由を探す。

 

いわゆる「理屈っぽい」人は、感情的に自分が何を求めているかを蔑ろにしがち。

 

とくに現代日本人は、「自分が何をしたいか」抜きで、「相手や周りが何を求めているか」を考えるよう育てられている。

 

『こんなこと質問してバカにされないかな』

 

『あの人かっこいいTシャツ着てる!どこで買ったか訊きたいけどいきなり話しかけたら変に思われるかな』

 

『本当は要らないけど、これだけ強く勧められたら断るの申し訳ないな…』

 

典型的な日本人の思考回路では、自分の願望(目的)がぼんやり、もしくは消滅しやすい。

 

思考のための思考は異常であって無益であり、願望が思考の父であるにもかかわらず。

 

 

勇気と思考停止力

 

 

人間首から上より首から下のほうが体積が大きいわけで、考えるだけで終始するのは余りにも不健全。

 

仮に目的が、「真理を求める」などという高尚なものだったとしても

ジョン・ロックいわく『いかなる人の知識も、その人の経験を超えることは出来ない』のだから、生の経験も可能な限り増やすことが望ましい。

 

材料が多いほうが哲学も思考の質もより洗練されることは間違いなく

個人的には某少年哲学者には、異性関係も含め多様な経験を今後してもらいたいと思っています。

 

考えを洗練するためのフィードバックを得たり、目的を達成するために行動は不可欠。

 

そして行動をする際(特にそれが何らかの心理的コストを伴う時)には、ある程度思考を停止させ、勇気を発揮する必要がある。

 

儒学に智仁勇という徳目があります。

 

本来の定義はどうあれ、僕の中では

「主観のアップデートを怠らず、ちゃんと考える人」(上記)を智者と捉えています。

 

自分はまだまだですが

智を持つ者が勇を備えると

 

解釈の質・経験の密度・人間力が爆発的にハネ上がる

 

と3ヶ月海外を放浪して確信しました。

 

智を備えると勇の質が上がり、勇を備えると智の質が上がる。

 

それを踏まえて、自分の願望(目的)に必要なだけの智仁勇を備える。

 

自分の願望(目的)には、単純な知的好奇心はもちろん

「真理の追求」「貧困をなくす」「日本を良くする」などの抽象的および公的なものも含みます。

 

短く表現できるため便宜上この言葉(智仁勇)を使っていますが、僕は儒学者ではないので本来の定義や考え方にはこだわりません。

 

あくまで願望がベースであって、智や勇、そして仁を備えることそのものが目的ではない。

 

 

最後に

 

彼(敵)を知り己を知れば百戦あやうからず。

 

いわずと知れた孫子の言葉ですが、これには続きがあります。

 

彼を知らずして己を知れば一勝一負す。彼を知らず己を知らば戦うごとに危うし。

 

「知る」対象は兵力や兵站・地形などの戦術的要素だけではなく

社会情勢・世論・文化・慣習などの抽象度の高い要素に比重がおかれている。

 

関連記事:あらゆるジャンルに応用可能な、理解しておきたい戦略と戦術の違い

 

このニュアンスのように個人にせよ集団にせよ

対立するにせよ親睦を深めるにせよ

関係が長期にわたればわたるほど「感性」の相互理解が必要になってきます。

 

異なる文化(同国人でも)を持った人との交流が増え、あらゆる物事が複雑化した現代。

価値観の多様化は止まらない。

 

そういった時代の中で

 

主観のアップデートが出来ない。

自分で「考え」られない。

勇気がなくて動けない。

 

では

情報的には人類史上最も開かれた時代に生まれていながら、精神的には閉じた世界で生きることになってしまう。

 

繰り返しますが、わかり合うこととわかっておくこととは違います。

無理にわかり合う必要はまったくありません。

 

しかし「そういう考えがあるのはわかるが賛同しない」と

「嫌いだから一切知ろうとしない」では

主観(OS)のバージョンが現行最新型と博物館の展示品並みに差があります。

 

この「主観のアップデート」「ちゃんと考える」「勇気」をコンセプトに、当サイトでは歴史(日本史・世界史)や旅の体験記、折に触れ脳科学・意思決定論等の情報も発信していきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

今まで知らなかったことに興味を持ってもらえたのであれば嬉しいです。

 

質問や感想等あればお気軽にご連絡ください!

すべて読んだうえで100%返信しております。

 

連絡先:tyamadasan410@gmail.com

 

検索

検索

-未分類
-, , , , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

名古屋で勉強会やります

10月9日の火曜日、19:00から名古屋市中区丸の内で勉強会を開きます。 テーマは「世界観の重要性と作り方。個人の人生と歴史・文化」 会費は2500円です。 参加される方はこちらにご連絡下さい。 ty …

運営者

 

運営者:YT
平成元年生まれ男。

4tトラックに左足を潰されしばらく体を動かせなくなる。

時間が余りまくったため、心理学・脳科学・世界史・日本史・宗教・神話・哲学・国際政治・地政学等を学ぶ。

5月から8月にかけて中華人民共和国→モンゴル→ロシア→ポーランド→チェコ→スロバキア→ハンガリー→オーストリア→イタリア→ギリシャ→トルコをおもに陸づたいで放浪。

現在は名古屋にいます。

連絡先:tyamadasan410@gmail.com