No Thinking No Human No History No Future

温故知新。歴史がわからなければ今がわからない。今がわからなければ未来がわからない

中華人民共和国

中華人民共和国・旅順 水師営会見所に30歳男が行って思ったこと 武士道と殉死

投稿日:2019年8月26日 更新日:

 

 

入店しとけば良かったな。

 

旅日記全編はこちら↓

https://note.mu/tyamadasan

 

旅順駅で日本人を捕まえる運ちゃん

 

都市間の移動で高速鉄道に乗る際必ず荷物をX線検査装置に通すのですが、地下鉄でも同様でした。

 

慣れればどうってことないんですが、日本から来て間もないと息苦しさはぬぐえない。

 

旅順駅に着く。

 

駅から降りると

『日本人ですか?』

とタクシーの運転手に話しかけられる。

 

203高地など日露戦争ゆかりの地を1日かけてまわってくれるという。そりゃありがたい。

 

気になるお値段は?

 

『500元』

 

日本円にして約9000円。

1日つきっきりならそんなもんだろうと思い、お願いする。

 

ただ今考えれば一度は値切るべきだった。

定価のない買い物で値切りは必須。

 

持ち合わせが少ないので銀行のATMに寄ってもらう。

 

その銀行の出入口で警備をしていた?公安の兄ちゃんから日本人ということで興味を持たれる。

 

『コンニチワ』『スミマセン』『アリガトウゴザイマス』

 

笑顔で言うてくる。

 

片言の英語で『連絡先(WeChatだったか?)交換しよう』と言ってくるが、さすがに会って間もない公安の人間とそれは出来ない。

 

ちなみに先に言っておくと、自分が日本人であることによる差別は、中華人民共和国で一度も受けていない。(「あまり嬉しくないんだろうな」というリアクションは一度だけあった)

 

 

水師営会見所と武士道

 

来ましたよ!この場所に!

 

 

 

 

復元されたものとはいえ感慨無量。

 

この水師営会見所は、日露戦争中の1905年 旅順軍港攻防戦の停戦条約が結ばれた場所。

 

 

写真中央左が日本代表 第三軍司令官 乃木希典

中央右がロシア代表 旅順要塞司令官 アナトーリイ・ステッセル

 

乃木大将は、沿道に隊列をつくってステッセルを迎えることを禁止し敗軍の将を見世物にするのを避けた。

 

通常、降伏する際の帯剣は許されないがステッセルや副官にそれを許し、彼らの名誉のために会見の報道撮影を拒否。

 

「敵将に失礼ではないか。後々まで恥を残すような写真を撮らせることは日本の武士道が許さぬ。」

 

武士道。

 

 

当時も話題になった 乃木大将の殉死

 

乃木大将は、旅順攻囲戦で多くの将兵を死なせてしまったことに強く責任を感じており、終戦後は自刃するつもりでした。

 

明治天皇は彼に

 

「今は死ぬべき時ではない。どうしても死ぬというのなら朕がこの世を去ってからにせよ」

 

という趣旨のことを述べたとされ

 

1907年から学習院長をつとめ裕仁親王(後の昭和天皇)の養育にも深く関わることとなった。

 

昭和天皇は、自身の人格形成に最も影響のあった人物として彼の名を挙げています。

 

1912年7月30日 明治天皇崩御。

 

同年9月13日 大喪の礼(天皇の葬式。皇室儀礼)

 

同日午後8時頃 乃木希典 妻・静子 自刃により絶命。

 

 

↑自決当日の乃木夫妻 およびその現場。

 

乃木大将は、感じていた責任の大きさからか、十文字に割腹したあと軍刀をノドに当て前に倒れこむという壮絶な苦痛を伴う方法で自害した。

 

現代同じことが行われれば間違いなく批判の対象となるでしょう。(当時も「前時代的」という批判が少なくなかった)

 

それでも直感的に心を動かされる「何か」がこの殉死にはあると思います。

 

 

今回の記事も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログの趣旨がよくわからないという方はこちら↓をお読みください。 

 コンセプト

 

今まで知らなかったことに興味を持って頂けたなら嬉しいです。 

 

それでは! 

検索

検索

-中華人民共和国
-, , , , , , , , , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

内モンゴル自治区へおもむく モンゴルが南北(「内外」)に分かれた理由と日本

この記事ではモンゴルが南北に分かれた理由と、Chinaの首都北京から内モンゴル自治区に向かう列車での私の実体験を述べていきます。   旅日記全編はこちら↓ https://note.mu/t …

北京にて あの事件の現場・天安門広場を「観光」

  ユーラシア大陸北周り旅で北京の天安門広場を訪れた時の話。   旅日記全編はこちら↓ https://note.mu/tyamadasan   目次1 モンゴル語が語源 …

清朝は漢人の国ではない。世界遺産の瀋陽故宮に行ってみた

  旅日記全編はこちら↓ https://note.mu/tyamadasan   目次1 ヌルハチ ホンタイジの皇居 瀋陽故宮2 展示文を解釈する時の注意点3 満洲八旗とは何か4 …

運営者

 

運営者:やまてつ

平成元年生まれ男。

4tトラックに左足を潰されしばらく体を動かせなくなる。

時間が余りまくったため、心理学・脳科学・世界史・日本史・宗教・神話・哲学・国際政治・地政学等を学ぶ。

2019年5月から8月にかけて中華人民共和国→モンゴル→ロシア→ポーランド→チェコ→スロバキア→ハンガリー→オーストリア→イタリア→ギリシャ→トルコをおもに陸づたいで放浪。

旅日記↓

https://note.mu/tyamadasan

現在は名古屋にいます。

連絡先:tyamadasan410@gmail.com