感性と知性で主観のアップデート

感性=縦軸(生物としての特性、歴史、遺伝、経験)×横軸(時代、文化、社会)。感性を大切にしつつそれだけに身をゆだねない。智仁勇(便宜上こう表現)そろえにいく

中華人民共和国

旅日記:中華人民共和国 長春~瀋陽 中国にあって日本にないもの

投稿日:2019年8月25日 更新日:

この記事↓の続き。

 

参考記事:旅日記:中華人民共和国 いろいろ「見えた」満洲国皇宮博物院 in 長春 その2

 

警察沙汰目撃 自分を守りたければ大声で主張しろ

 

満洲国皇宮博物院を出てしばらく歩いていると。

 

警察車両+人だかりという野次馬根性をくすぐる情景が。

 

自分も人だかりの一部に。

 

中心を見ると、中年女性同士が怒鳴りあっている。

 

どうやら、露店商のおばさんと

露店の台にの角に頭をぶつけて泣いている娘の母親の対立。

 

台が崩れたなどではなく、たまたま女の子の頭の高さに位置していただけ。

 

しょーもない と思うようなことかも知れませんが

お互いすごい剣幕で一歩もゆずりません。

 

彼女たちは相手に対してだけ主張している訳ではない。

 

周りにいる我々聴衆にも間接的に

「私のほうが正しい!」と主張している。

 

中共政府のプロパガンダと同じ。

しかしやり方としては正しい。

 

日本人はあまり得意ではないが

この第三者(中立国)に対して上手くメッセージを発信すれば

相手に意見をぶつけるだけの場合より

有利にことを進められる。

 

2人はパトカーに乗せられたので

最終的にどうなったかはわからない。

 

主張の強さという意味も含め、相手の声が大きい場合

こちらの声もそれに呼応して大きくする必要がある。

第三者を意識して。

 

多くの日本人のように普段から大声を出さないのは悪くないと思うが

「出せない」は個人としても国としてもまずい。

 

 

日本より良いと思ったところ

 

再度勝利公園の前を通ると

毛沢東の前で踊る集団の姿が。

 

 

彼女たちのように広場で踊る人々(おもに中高年女性)を

各地で目にしました。

 

外部リンク:躍動するおばさんたち─中国・当世「広場ダンス」事情(3) なぜ彼女たちは踊るのか

 

↑この記事いわく

 

「…踊り方、…音楽などは自由で…音に合わせて心のままに手足を動かせば良い」

 

「60代女性『平日はご近所さんたちと広場ダンスを踊るので孤独を感じない』」

 

「『楽しみながら病気の予防にもなり、医療費の負担が軽減できると認識している』参加者も多数に上ったという。」

 

日本人高齢者だとおそらく

 

『この歳までダンスやったことないし…』

 

『変な人がいたら困るし…』

 

『病院に行って安い金払えば誰かと話せる』

 

↑のいずれかの心理状態に陥りグループがなかなか成立しない。

 

保守的・完璧主義・人見知り・人目を気にする・嫌なものを嫌と言えない。

 

これらの日本人的特徴は、いきすぎるとQOLの面ではかなりマイナスです。

 

また中国人は、商売目的以外でもよく話しかけてきます。

 

声をかける側もかけられる側も

自分の身は自分で守れる(言葉で)ことが条件ではありますが

日本より良い点だと思いました。

 

 

無慈悲な客引きのいざないで宿へ

 

またも3回ほど割り込まれながら切符を買い、瀋陽へ。

 

 

独特の風貌をしたハスキーボイスの女性に

宿の客引きをされる。

 

『我不会説中文』(私は中国語が話せません)

 

と言ったが

 

話すスピードが変わらないどころかジェスチャーすら交えない。

こちらに合わせる気はゼロ。

 

値段を訊くと、ハルビンで泊まった宿とほぼ同じ価格。

それを踏まえ、シャワーがあるかどうか筆談で確認。

泊めてもらうことにした。

 

『まあこんなもんか』

 

というクオリティの宿。

中国は精神的疲労度が高いので

正直個室でトイレがまともなら何でも良い。

 

 

瀋陽の回族ストリート

 

チェックアウトして散策。

 

日露戦争最後の会戦

双方60万人に及ぶ将兵が激闘を繰り広げた

奉天会戦の舞台となったこの地も、今は立派な金融街。

 

 

 

 

瀋陽市岸英小学校。

「岸英」とは、1950年 朝鮮戦争で戦死した

毛沢東の長男 毛岸英のこと。

 

そういったものや、昼間から公園で博打(麻雀など)に興じる老人たちを目にしながら

通りを歩くと

 

目に入ったのがこちら↓

 

 

回族のストリート。

 

回族とは、言語や形質は漢族と同じだが

イスラム教を信仰する。

 

これは入るしかない。

 

おお…

 

なんと肉肉しい。

 

 

 

 

「肉肉しい」

 

この言葉がこれほどぴったり来る通りは

おそらく日本には存在しない。

 

丁度お腹が空いていたので

回族料理を味わうことに。

 

 

↑複数人で食べる時は丸テーブルに大皿の中華スタイルのようだ。

 

 

↑店内。一瞬どの国にいるかわからなくなる。

 

 

ぶっちゃけ豚使ってないだけでメニューそんなに変わらなかった。

 

 

「葱爆羊肉」

 

体育会系の学生が喜びそうな味と量でした。

体育会系でも学生でもありませんが

好きな味で大喜び。

 

中華料理は名前に調理法が明示されています。

 

「炒(チャオ)」は短時間でサッと火を通す

 

「爆(バオ)」はさらに熱い油や熱湯で瞬時に火を通す

 

「炸(ジャー)」は揚げ物

 

などといった形で。

 

メニューに写真がなかったとしても

これがわかっているとハズレを引く確率は下がります。

 

お店の人(女性)の娘さんは大阪に住んでいるそう。

 

筆談でのやり取りだったが

反転した平仮名を書いててかわいかった。

 

 

右の店の看板にある「清真」とはイスラムのこと。

 

昼12時前だったので、ここの人々が正午の礼拝(サラート)をするか確かめるため

通りに留まったが

 

誰もやらない。

 

当然アザーン(礼拝を呼びかけるアナウンス)もない。

 

その代わりになぜか「白鳥の湖」が流れていた。

 

 

中国にあって日本にないものをたくさん見ることが出来ました。

 

 

Chinaで生まれ育つことにより醸成されるメンタリティ

 

 

「中国にあって日本にないもの」で言えば

このブレーキのなさ(人、車ともに)もそう。

 

日本人のように受け身で大人しくしていてはこの地では

 

何も進まない

何も得られない

 

ルールを守らないのは、皆が守ってない中で

自分だけ守っていては損をするから。

 

嘘をつく、自己主張が強いも同じ。

皆がしている中で自分だけがしないとなるとサバイバル出来ない。

 

それが今まで勉強した知識と

経験を照らし合わせたうえでの私の解釈です。

 

次回は瀋陽故宮のお話。

 

つづく

 

今回の記事も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログの趣旨がよくわからないという方はこちら↓をお読みください。 

 このブログで伝えたいこと

 

今まで知らなかったことに興味を持って頂けたなら嬉しいです。 

 

それでは! 

検索

検索

-中華人民共和国
-, , , , , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

旅日記:中華人民共和国 デートスポット化した203高地 安重根が処刑された旅順刑務所

水師営会見所を後にしてからの話。   前回の記事:旅日記:中華人民共和国 水師営会見所 in 旅順 武士道と殉死   目次1 クラクションの使い方 in China2 ピクニックの …

旅日記:中華人民共和国 長春に見る日本の残滓

この記事↓の続き   前回の記事:旅日記:中華人民共和国 ロシア人が造った街ハルビン   目次1 客引きおばさん×22 ハキダメ宿3 やさしいお姉さん4 旧ヤマトホテル5 バターき …

旅日記:中華人民共和国 天安門広場と現在の香港

この記事↓の続き。   参考記事:旅日記:中華人民共和国 「大陸の娼婦顔」の娼婦 in 北京 中共ハニートラップのヤバさ   目次1 モンゴル語が語源の胡同2 心労×不眠で雑になる …

旅日記:中華人民共和国 いろいろ「見えた」満洲国皇宮博物院 in 長春 その1

この記事↓の続き。   前回の記事:旅日記:中華人民共和国 長春に見る日本の残滓     ↑ハルビンと同じくここにもコンクリートむき出しビル群。   参考記事: …

旅日記:中華人民共和国 いろいろ「見えた」満洲国皇宮博物院 in 長春 その2

この記事↓の続き。   参考記事:旅日記:中華人民共和国 いろいろ「見えた」満洲国皇宮博物院 in 長春 その1   長春にある満洲国皇宮博物院をまわった時の日記です。 &nbsp …

運営者

 

運営者:YT
平成元年生まれ男。

4tトラックに左足を潰されしばらく体を動かせなくなる。

時間が余りまくったため、心理学・脳科学・世界史・日本史・宗教・神話・哲学・国際政治・地政学等を学ぶ。

5月から8月にかけて中華人民共和国→モンゴル→ロシア→ポーランド→チェコ→スロバキア→ハンガリー→オーストリア→イタリア→ギリシャ→トルコをおもに陸づたいで放浪。

現在は名古屋にいます。

連絡先:tyamadasan410@gmail.com