感性と知性で主観のアップデート

感性=縦軸(生物としての特性、歴史、遺伝、経験)×横軸(時代、文化、社会)。感性を大切にしつつそれだけに身をゆだねない。智仁勇(便宜上こう表現)そろえにいく

仕事をやめて3ヶ月の海外旅に出た理由

投稿日:2019年8月17日 更新日:

こちら↓の記事で申し上げた通り

 

参考記事:ユーラシア大陸放浪の旅はじめました

 

5月某日からちょうど3ヶ月間、海外をまわっていました。

 

行程は

 

中華人民共和国→モンゴル→ロシア→ポーランド→チェコ→スロバキア→ハンガリー→オーストリア→イタリア→ギリシャ→トルコ

 

この記事では、なぜ今回の旅に踏み切ったかを述べています。

 

知識と経験

 

イギリスの哲学者ジョン・ロックの言葉で

 

「いかなる人の知識も、その人の経験を超えるものではない」

 

というものがあります。

 

プロフィールの自己紹介文にもある通り

歴史 文化 宗教 哲学etc…色々勉強してきました。

 

もちろんまだまだ知らないことだらけですが

現地に赴き、自分の身体感覚を通して本に書いていないことを学びたいと思いました。

 

風土 文化 雰囲気 慣習 宗教 食物 住人…

 

本で読んだ知識が平面のモノクロだとするなら

身体感覚が伴ったことにより、カラフルに色づき立体感を持たせようとするイメージです。

 

実際そうなりました。

 

 

日本人の感性から一旦はなれる

 

私は生まれも育ちも日本。

 

変わり者と言われ続けてはきたものの

相手や周りがどう思うかについて気にかけ

自己アピールが下手な日本的メンタリティの持ち主でした。

 

茶道も嗜んでおり、和を基調とする日本的な感性が嫌いなわけではありません。

 

しかしそれがマイナスに働いてしまう局面があることも事実。

 

外国人と日本人、どちらがストレスのない人生を送っているか。→外国人

海外で犯罪者に最も狙われやすいのはどこの国の人間か。→日本

国際政治の舞台でアクター(行為主体)として上手く立ち回れているか。→NO

 

日本はこれまで、自分たちの良い(と思う)部分はそのままに

外来文化を取捨選択しながら吸収して生き残ってきました。

 

その古来から続くジャパニーズスタイルを

個人で実践せんとしたのも今回の旅の目的のひとつ。

 

自分が生まれ育った文化圏の感性を客観視するためにも

一旦それから離れる必要がある。

よって旅の道中、日本人と顔を合わせて話をするのはあえて避けました(長期旅行者を除く)。

 

 

フットワークの軽さを身に付ける

 

行きたいと思った時に行きたい所へ行く。

 

会いたいと思った時にすぐアプローチする。

 

やりたいと思ったらすぐ始める。

 

やるべきだと思ったらすぐ動く。

 

この類の「決断と行動」のスピードを全般的に上げたかった。

 

今回の旅では、多くの街に1~2日しか滞在しない日程

&世界最大の大陸国家ロシアを鉄道で横断したので

日本を出る前に持っていた「物理的に遠い」の基準は完全に崩壊し、フットワークも大いに軽くなりました。

 

 

勇気の涵養

 

 

『男が勇気なくなったら終わり』

 

ポリコレがうるさい今あえて書きましたが

息子について語っていた友人(ムスリム)のこの言葉を聞いた時

 

『自分て最近勇気使ってるか?』

 

と自問。

…使っていない。

 

何をするにしても、ある程度リスクをとらなければリターンは大したものにはならない。

それはリスク回避型の多くの日本人を見てわかりきってること。

 

つまらない人、退屈な人は大抵リスクをとっていないつまり勇気がない。

注:蛮勇ではない

 

勇気がなければ死ぬ前に後悔する生き方しか出来ないと私は思っています。

 

そうならないためにも、オーバーリスクにならぬよう配慮しつつ

何が起きるかわからない=勇気を使わざるを得ない、不確実な旅に出ることにしました。

 

 

不確実性の中を泳げるだけの柔軟性とタフさ

 

日本国内だと言葉が通じる、人も親切、都会であれば何でもある、治安も良い。

 

海外では必ずしもそうではなく、慣習も文化も言葉も違い何が起こるかわからない。

実際修羅場くぐりました。

 

知識だけの青びょうたんでなく、そういった中でもやっていけるだけの柔軟性とタフさを身に付けたい。

それも動機のひとつでした。

 

 

哲学と思考の材料集め

 

 

私は哲学や考えることは好きなのですが

抽象度の低い材料を集めず哲学するだけの机上の空論系男子になることだけは、絶対に避けたいと昔から考えていました。

 

抽象度の低い=具体的な材料も集めて

そこから抽象度を上げて思考、哲学したほうが

より洗練され現実に即したものになることは間違いない。

 

日本国内では絶対に拾えない材料を得る。それも大きな目的。

 

 

面白い人と会った時のフック作り

 

面白いと自分が思える人は、皆リスクをとって何らかの行動をしている。

そういった人とつながろうと思った時に

自分がリスクを伴う行動をとったことが無いようでは

相手の心のフックに引っかかりづらい。

 

だからやる。

 

そしてやった。

 

いくつか挙げ損ねてる気もしますが、主な理由はこんなところです。

 

次回からは旅の体験記をつづっていきたいと思います。

 

今回の記事も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログの趣旨がよくわからないという方はこちら↓をお読みください。 

 このブログで伝えたいこと

 

今まで知らなかったことに興味を持って頂けたなら嬉しいです。 

 

それでは! 

検索

検索

-
-, , , , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5月からユーラシア大陸放浪します

    2019年GW明けから、中国東北部→モンゴル→ロシア→ポーランド→チェコ→スロヴァキア→オーストリア→イタリア→ギリシャ→トルコ→イラン→懐次第でウズベキスタンと、3~4ヶ …

大陸放浪中はTwitterでの更新が中心となります

こんにちは、現在ウランバートルにいます。   ブログ記事、途中まで書いてはいるのですが それなりの完成度を求めると時間がかかるため、Twitterを中心に更新します(しています)。 &nbs …

ユーラシア大陸放浪の旅はじめました

ご無沙汰してます。   ユーラシア大陸放浪の旅はじめました。 GW明け中国に上陸し、写真も山のように撮り発信ネタには困らなかったものの。 かの地はサイバー空間上の万里の長城にはばまれており、 …

3ヶ月の海外旅を終え、地元名古屋に帰還しました

目次1 ツイッタラーデビュー2 旅の行程3 今回の旅で得たもの ツイッタラーデビュー   お久しぶりです。   Twitterは毎日更新していたもののブログは手付かずでした。 はじ …

運営者

 

運営者:YT
平成元年生まれ男。

4tトラックに左足を潰されしばらく体を動かせなくなる。

時間が余りまくったため、心理学・脳科学・世界史・日本史・宗教・神話・哲学・国際政治・地政学等を学ぶ。

5月から8月にかけて中華人民共和国→モンゴル→ロシア→ポーランド→チェコ→スロバキア→ハンガリー→オーストリア→イタリア→ギリシャ→トルコをおもに陸づたいで放浪。

現在は名古屋にいます。

連絡先:tyamadasan410@gmail.com